ファストファッション国

ファストファッションがどこの国が流行を生んだのか、大変興味はそそられますが1つに絞る事は困難です。
そもそもファストファッション人気が世界的となった時代背景として、世界不況があります。
世界経済の低迷はそれ以前からそれとなく話題に上っていましたが、決定的な事件がアメリカで起きたリーマンショックです。

アメリカ経済の破綻はあらゆる国が多大な影響を受けました。
それと前後して日本国内でも深刻化したバブル崩壊は、安く早く高品質なおしゃれを楽しむという風潮を拡大させたのです。
現在ファストファッションを主力製品としているブランドは、日本での大手有名アパレルメーカー6社に加えてスエーデン、スペイン、アメリカ、イギリス、ベルギーなどが代表的です。
これら海外ブランドのほとんどは日本でも購入できます。
特に際だっているのはアメリカと日本です。
日本人に最もなじみ深いのもアメリカ産ですが、アパレル雑誌は女性のバイブル的存在です。
いち早く女性たちに注目されたのはジーンズでした。
特定企業の独占市場のような形で次々と斬新でシンプルなデザインのカジュアルファッションが店先に並んだのも、つい昨日のようです。

とにかく移ろいやすい消費者の気持ちをがっちりつかむには、これしかないといわんばかりに大量生産を繰り返しては、数日で入れ替えるという早業で、数年のうちに世界トップレベルにのぼりつめたトップブランドたちの駿足ぶりは、若干落ち着いてきたかに見えますが、まだまだ当分は続くというのが、経済界の一般的な見方です。
今回のお話はファストファッションの歴史についてです。



~管理人推奨サイト~
安くおしゃれが楽しめるファストファッションの通販ショップです =≫ ファストファッション